曼荼羅真理アートとは?

!お知らせ!

お問い合わせの際の注意事項です。

携帯のメールアドレスには返信できませんので、必ずPCのメールアドレスを入力ください。

数日たっても返信がない場合は、再度お送りください。

1:曼荼羅とは?

マンダラは宇宙・世界の構造を表しており、生命そのものの組織構造のモデルとして見ることができます – 私たちの体と心の向こう側と外側の両方に広がる無限の世界との関係を思い起こさせる宇宙の図です。

曼荼羅(まんた”ら)は単なる装飾的な図絵ではありません。中心から外に向かって放射していくデザイン形式である曼荼羅は、太陽系や銀河系の運動を象徴するものであり、芸術や建築、伝統的な踊りなどの文化においても古くから普遍的に用いられています。

曼荼羅とは、神仏の身体である世界そのものを、そして、悟りの境地を絵画にしたものです。

代表的な曼荼羅には大日経を示した「胎蔵界曼荼羅」と金剛頂経を示した「金剛界曼荼羅」があります。

語源は、サンスクリット語のमण्डल(マンダル)=サークルという意味です。

曼荼羅の土台は、ドーム型(半球体)で卵の形をしており、これは、宇宙の始まりの時に原初の海に浮かんでいた、宇宙卵を表します。卵をアンダーと言います。古代インド人は、宇宙卵はブラフマーの目覚めとともに創造され、夜の眠りとともに破壊されることが繰り返されると考えました。この半球体はまた原初の海底から浮き上がった「山」との観念もあり。この山をインドではマンダラ山、スメール山とよび、中国では須弥山(しゅみせん)と漢訳されています。

 ©2017 http://www.mandalamari.com

2:ヒーリングと曼荼羅アート

曼荼羅真理アート絵画制作は、昨今流行っているような、ヒーリング目的の道具として扱われる表面的アートではありません。 アート=芸術は、本来その制作をそのまま、瞑想修行の道とすることのできるものであり、また、それこそがアートの本質と言えます。道具としてのアートではなく、芸術本来のあり方において、結果的に素晴らしいヒーリング効果を体験できると言うものです。

曼荼羅を描くことで、根源的な意識(潜在意識)とつながり、そこに働きかけて行くことが出来ます。普段、人は心に操られ、突き動かされています。しかし、本来、心こそ我々が操縦すべきものです。曼荼羅を描く時、自身の中心を意識して 色や均整のとれた形を描くことで、自分の考えを集め・自分の知力を結集させ自分自身を引き 込む・ことができるのです。曼荼羅を描くことは、心の平衡がとれて心が癒されていく過程になるのです。つまり、心の中に『中道』を実現する行為です。『中道』とは、すなわち『美』であり、すべてがバランスよく整った状態です。

すべての伝統芸術の目標となる『真理』です。

曼荼羅真理アートでは、伝統的、具体的な神仏のイメージを使わず、より本質的なエネルギーそのものを表す、色彩、と幾何学形態と有機的形態を使って、作品を制作します。それは、言葉によって、インデックス化した情報による認識ではなく、言語化される前のより上位の概念に近づくためです。


 ©2017 http://www.mandalamari.com

3:密教と曼荼羅

大乗仏教(顕教)は、民衆に向かって広く教義を言葉や文字で説きます。

密教は極めて神秘主義的な教義が、師匠(ラマ)から弟子に伝えられます。密教とは言語では表現できない「悟りの境地」自体を伝えるものであり、一般大衆に向けられたものではなく、準備のできた者にのみ伝えることができる秘密の教えです。

密教の教えは、大変奥深く神秘的なため、言語という表層的認識では理解することが、難しいと言われています。そこで、絵画に表して、理解できない凡夫にもわかるように示したのが、伝統的な曼荼羅です。

曼荼羅真理 アートスタイルでは、それをさらに純粋化し、色と幾何学模様などを使用して、抽象的な表現することで、本質に迫ろうとするものです。

 ©2017 http://www.mandalamari.com

4:仏様のお姿がありませんが、これは、曼荼羅と言えるのでしょうか?

仏教の伝統的曼荼羅では、神仏の姿を具体的に描き出し、凡夫の我々でも仏様の世界をわかりやすいように表現しています。これに対して、曼荼羅真理アートでは、現代アート的な表現方法で、具象化する以前の根源的な精神世界、神聖な世界、の有様を表現しています。また、色彩や幾何学の持つ象徴的な意味を組み合わせ、神仏を表現することもできます。つまり、わかりやすい人型の神や、天使ではなく、どんな姿にでも化身して衆生を救っていく神仏の根源的エネルギーとしての姿を表現しています。またそれは、瞑想などで体験できる霊的イメージやヴィジョウンに似ています。

 ©2017 http://www.mandalamari.com

5:曼荼羅真理アーティストの心構え

『作品の出来栄えがそのままその人の境地を表す』と考えます。

取り組む姿勢が作品に如実に現れそれによって、己を再確認できるはずです。

1枚の紙は、数百円で売られています。もしあなたの作品が人間の心に触れることができないなら、その作品には全く価値はないということを知るべきです。買ったばかりの白い紙をあなたの意志で汚すのだから、それに価値がなければ、ただのゴミでしかありません。もし、アーティストと自負するものが、作品を提示するなら、最高のものを提示するべきです。net上であれ、ギャラリーであれ、作品を提示した場所は、テンプル、寺院であり、祈りの聖域です。そこに一切の妥協と打算はないはずです。

曼荼羅とは、神仏の身体である世界そのものを、そして、悟りの境地を絵画にしたものです。

初めから、上手な人はいません。一歩ずつ階段を上っていくしかありません。作品に向かう態度姿勢が人生そのものです。真剣な態度は、共感を呼び、何事にも良い結果を生み出すでしょう。

 ©2017 http://www.mandalamari.com

ソルフェジオ周波数によるマントラ読誦CD パドマオーラ

ソルフェジオ周波数で歌うサンスクリット語のチャクラマントラ!PVです。ソルフェジオ&サンスクリットチャクラマントラCD「パドマオーラ」を使っての瞑想ヒーリング セッションができます。チャクラに照応する、7曲全てのキーの音程を つまり、インド音階のSをそれぞれ 正確にソルフェジオ周波数にあわせて制作しました。なにも考えず仰向けでリラックスし、ソルフェジオ周波数にあわせて歌われる、サンスクリットのチャクラマントラに身を任せるだけで、出来ます。難しい、ヨガの呼吸法やポーズ(アサーナ)ができなくても、リラックスさえすれば、大丈夫です。音の姿となった インドの神々があなたを包み込んで、癒やし導いてくれます。

Amazon Mp3ダウンロード

Sanskrit Chakra Mantra in this CD was played by Solfegio frequency. It is a sound source for meditation and healing. hope you can feel your own chakra. This is a song of only the traditional seven chakras and the Sanskrit mantra corresponding to it. 

Sound Produced by kunjubihari.com

Vocal : Mandala Mari

http://mandaramari.sakura.ne.jp

2 曼荼羅 制作動画 前半

曼荼羅アーティスト、マンダラマリの曼荼羅アート制作を動画で紹介します。前編と後編と2部制となっており、こちらは前編です。お経の歌、般若心経月の曲とともにお楽しみください。マンダラマリが般若心経にメロディを付けて歌っています。CDはダウンロード販売中です。

2 曼荼羅 制作動画 後半

曼荼羅アーティスト、マンダラマリの曼荼羅アート制作を動画で紹介します。前編と後編と2部制となっており、こちらは後編です。お経の歌、般若心経月の曲とともにお楽しみください。マンダラマリが般若心経にメロディを付けて歌っています。CDはダウンロード販売中です。