ピュアな心を写します

今日は伝授コースの応用編を受けにT市からお越しになりました。

まずは、ゆったりと呼吸を整えて行きます。

ます、心をここに持ってきます。

普段、私達は心をあちこちに飛ばしています。

どこへ?

昨日の嫌な出来事
子供のお弁当のこと
夕飯の買い物のこと
お金のこと
休日の旅行先

いろいろです。
常に心は過去や未来、そして嫌な出来事へと動いてます。
ここにじっとしてません。

意識的に心をココに持ってきましょう。

ココに心をもってきてから

アートを描きます。

今日は応用編です。
色の重ね方を勉強します。

ヒーリング目的のときは自由に色を選ぶのみですが、伝授コースのときは技術的な要素を加えながら進めていきます。

形を描く(消す)ときのバリエーションも習得します。

アートをもっと上手に、きれいに描きたいと思っているならば、思っているだけでは上手くなりません。
沢山描いて自分で創意工夫するのもいいでしょう。

基本は見たとおりに確実に描くこと。つまりデッサンが上手くかけることが基本です。

曼荼羅アートでデッサンはかんけいないでしょ?って思うでしょう。

それは違います。

見えたものを正確に描くように
心を正確に、あるいは客観的にみることができないと、
ブレます。

つまり、デッサンと同じように

心を正確にみて写すことがポイントとなります。

どう正確にみるのか、、

嘘つかない。見えた(感じた)とおりに写すことです。

難しいですか?

純粋、ピュアな心は何事にも動じません。

私は曼荼羅アートを描くことで、純粋で、ピュアな自分に戻れるます。

ちと、カッコ良すぎた?
(笑)

Spiritual Art-曼荼羅真理

Mandala Art- 曼荼羅真理のホームページ・http://www.mandalamari.com