グルジには教えてもらえない舞台進行

コンサート開催のお知らせ!
舞台進行についてのお話しです。

私などはまだはじめて数年なので、
舞台進行の決まりなど
とうてい教えてもらえるはずのない話しなのですが、、

クンシュビハアリ先生のブログに詳しく掲載されていましたので、
紹介したいとおもいます。

インド古典宮廷舞踊カタックの舞台進行形式
『インド古典舞踊カタック独特の舞台進行形式について』書きます。

これが、そのまま、カタックで、習得すべきアイテムとなります。

古典的カタックでは、以下の形で舞台が進行していくのが普通です。
カタックは、全体像がつかみにくい上、
なかなか、グルジにも教えていただけない場合が多いですね。
悶々としている方は、ぜひ、参考にしてくださいね。

0:司会者挨拶

.
1:タブラソロ
これは、ほとんどの場合、ビランビットティーンタールでのタブラソロになります。
タブラソロと言っても、ラハラ=ナグマの伴奏に合わせて演奏されます。
一流のプレイヤーでも、ダンサーの登場前に演奏するのがカタックの形式です。

2:バンダナ
ヒンドゥー教でマントラ(mantra)といえば、特に『ヴェーダ』に登場するサンスクリット語の聖なる呪文、祈りを意味します。マントラは、意味がわからなくても、唱えるだけで神と波動を合わせることができる、魔法の言葉です。また、マントラは、音の姿をとった神と言われています。この、マントラ(スローカ)に歌と踊りをつけたものが、祈りの踊り、バンダナです。

3:ナトワリヌリッタ、ビランビット(純粋舞踊・スピード=ゆっくり)
普通は、BPM50~60 ほどで、ティーンタールのボールを演奏します。
(1)ラリー
(2)タート
(3)アマド
(4)パランアマド〜〜テハイ
(5)ウターン〜〜テハイ
(5)ラリー
この順番は、入れ替え不可能。

3:ナトワリヌリッタ、マッディヤー(純粋舞踊・スピード=中間)
普通は、BPM90〜120 ほどで、ティーンタール
または、その他のタール(リズム)を演奏します。
(1)パランアマド(ここで入れるのが普通)
(2)ナトワリ カ トゥクラ
(3)テージアマド
(4)テハイ
(5)パラン
(6)ラリーまたは、サルジャワーブ
この順番は、基本的に、入れ替え不可能。

*日本では、ここで、伴奏者による ミニインド古典音楽コンサートなどを入れる
〜〜〜〜休憩〜〜〜〜

4:ガット (登場人物または、主題が一つだけの、パントマイム的舞踊)

5:ガットヴァウ(パントマイム的舞踊) 
または、 バジャン または、トゥムリー
バジャンはヒンドゥー教の賛美歌形式の歌曲 (パントマイム的舞踊) 
トゥムリーは、セミクラシカル形式の歌曲 (パントマイム的舞踊) 

6:ナトワリヌリッタ、ドルット(純粋舞踊・スピード=高速)
普通は、BPM200〜300
(1)トゥクラ
(3)テハイ
(4)パラン
(5)ラリー
この順番は、入れ替え可能。

7:ナトワリヌリッタ、ドルット(純粋舞踊・スピード=高速)
普通は、BPM240〜300
サワルジャワーブに続いて、
タタカール
8:終わりの挨拶

この記事はクンシュビハアリ先生のブログから引用しています。

さて、今週末にせまりました!
名古屋で開催されるコンサート!

今回は
ピュア古典とは違う方法で、つまり、新しい試みを取り入れた内容となっています。

3/23(金) 天竺神楽#9 Padma Aura Night in Nagoya

https://kathak.amebaownd.com/pages/1271884/page_201709141348

Spiritual Art-曼荼羅真理

Mandala Art- 曼荼羅真理のホームページ・http://www.mandalamari.com